< 2017年09月 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  | 2017年11月 >
Home  > カテゴリー >  日記(時事・独り言)
本サイトは移転することになりました
本サイトは主にPSP系やハック系の記事のみの更新とし、その他の記事は全て移転先サイトでの更新とすることとします
移転先:とあるラジ男の電脳世界

長らくご連絡できませんで、申し訳ございませんでした。どうぞこれからもとあるラジ男の電脳世界をよろしくお願いします

DTで30歳を越えると魔法使いになれる!?

30歳までDTのままだと魔法使いになれるなんて都市伝説がありますが・・・・

いがいと魔法が使えるようになるようです

記事のつづきはこちら


東日本巨大地震に何を感じたか

朝から晩まで地震・津波などからくる災害情報が報道されるのだから、皆さんもちょっとは見てるだろうし感じたこと・思ったことがあるとおもいます

あなたは何を感じ、そして何をおもいましたか?

災害に対する自分の軽率な考えを恥じ、テレビを呆然と眺めることしかできない自分の弱さを痛感し、そのことに関して時には憤りをも憶えていることはいまでもかわりません

そんなわたしはなんとなくだけども、これからなにが必要なのか感じることができました

どんな災害にも揺るがない安定したモバイル通信システム
付加の少ない通信ネットワークの開発及びさらなるネットワークシステムの強化
自然エネルギーを利用した充電機器の常設(特に通信機能をもったものに対応したもの)
免震・耐震だけではなく津波にも強い建造物
重要な場所へのピンポイントなエネルギー送伝送システム
東日本・西日本の発電周波数の統一もしくは周波数変換能力の強化
災害に負けない単純構造の発電システム
効率の良い蓄電システム
原子力発電に対する不安感
災害に強い交通インフラ整備
地震・津波の正確な予測、及び迅速且つ全ての人にいきわたる通告
地震発生後の二次災害(火災など)を起こさないための知識・意識

などなどなど・・・・

余震が1年は続くだろうといわれる中、気が早いかもしれないけども我々はこれから起こるであろう東海地震や南海地震にも目を向けていかいといけないと思います

わたしたちはこの東北巨大震災から私たちに足りなかったものを学びつつ被災者支援活動や復興支援活動をしていかないといけません

そしてそれが将来起こるであろう大震災の被災者減少にむけた大きな一歩となることをわすれてはいけません

この経験を貴重な糧とし、豊かな生へと繋げていきましょう

節電ダイヤはまだまだつづく

私が見たところ通常の3割程度まで運行本数を減らす鉄道会社もあるようです

必ず移動前に公式な情報を確認するとともに、ひきつづき注意を怠らないようにしてください

計画停電を受けて鉄道運行予定大幅変更

明日14日から各鉄道会社は節電運行を始めます

また、バスなどの公共交通機関も安全な運行ができないとし、運休するようです


わたしがみたところ一部路線での運休、運転本数の大幅減、空調の終日停止、運行予定の路線での一時的な運休などの措置をとるようです

またこれに重ねて更なる大幅な遅れもありうるので注意してください

※路線と時間帯によっては30分間隔が開くことがあります(終電が近い場合には注意してください。本数が大幅に減る場合があります)

明日鉄道を利用される方は必ず利用する各社の公式発表を細部まで確認してから利用するように心がけてください

特に時間帯により運行計画が変わるところが多いようなので注意が必要です

余裕があれば遠回りの路線も確認するほうが良いでしょう

運行本数の大幅減少による大混雑や空調停止による車内環境の悪化が見込まれます

暑さ寒さ対策や路線確認のメモをはじめとした、十分な準備をしておきましょう
タクシーの電話番号は必須です

家を出る前と、家に帰る前には必ず前準備を怠ることのないようお願いします

また計画停電は4月いっぱいつづくとされており、長期にわたるダイヤの臨時変更が行われるとおもわれます

明日だけではなく、必ず毎朝確認するほうがいいと思われます

この記事は午前4:50現在のものですが、まだ正式な発表をしていない交通機関もあるようです

東北地方太平洋沖地震について

まず今回被災された皆々様にこころからお見舞い申し上げます

また、このサイトを閲覧してくださっているみなさまはご無事でなによりです

私はテレビの震災情報くいいるばかりでブログを更新することさえ忘れていました

大地震や、大地震に誘発された大津波、各地の大規模地震、大きな余震、大規模火災それから原発事故

情報がはいってくるたびに小さな肝を冷やしているしだいであります

そして、災害に対する自分の軽率な考えを恥じ、テレビを呆然と眺めることしかできない自分の弱さを痛感し、そのことに関して時には憤りをも憶えるしだいです

これらのことが被害のみで終わらぬよう、そしてこれからの日本文化の発展及び人命被害の減少への貢献につながるよう、発せらる情報に重大な関心をもって接し、考え、行動できればとおもっております

関東地方、東北地方、北海道地方の方はメディアが発信する情報を欠かさず確認し、注意を怠るこのないようお願いします


▲page top